童貞が新入生と遭遇する-前編

こんばんは。
セックスが不可能なら、
せめて夢精くらいしてみたいと思っている童貞です。
でも、オナニーを控えるつもりはさらさらありません。
そういったわけで、久々に説教です。

さて、一部世間は受験シーズン真っ只中ですな。
とりあえず、童貞からささやかなエールを送ろうと思います。

女子受験生の皆さん、

ぜひうちの大学に入ってください。
春のキャンパスで待ってます。
何だったら受験時に付き添います。

男子受験生の皆さん、
頼むからうち以外の大学へ行け。
お前らに分けてやる食い扶持などない。

さて、しょっぱなからナイーブな受験生を敵に回したわけだが、
実はこのシーズンは嫌いではない。
なぜなら、今まで目の上のたんこぶだった
大学にはびこる多くの非童貞どもがめでたく卒業し、
その代わりに、ろくに女の口説き方も知らない
しなびた童貞どもがわんさかとやってくるからだ。
学内童貞率急上昇。
そして、何も知らない初々しい女性たちもここぞとばかりに入ってくる。
正に大学という特殊な空間が生み出す、
童貞的にはここ一番の大チャンス到来の時期なわけだ。

しかし、だ。
もちろんそんな時期であっても、敵がいないわけではない。
ご存知の通り、焼き畑農業のように土地を荒らしまわる非童貞どもだ。
奴らは毎年この時期になると、
「いや、新入生来るって言ってもさぁ、若すぎて話合わないもんなぁ(笑」
だの、
「新入生歓迎コンパとか金かかりすぎだしなぁ。やめようぜ、今年は(笑」
だの、有り余る余裕で俺の無駄に高いプライドを深く傷付け始めるわけ。
で、もう書かなくてもおわかりの通り、
例のイケメンが「わかる、わかる」とかぬかすわけ。
お前はどれだけ人生経験豊富なんだよ。

そんなわけで、そんな非童貞の言葉に、今年こそは騙されまいと思いつつも、
内心ちょっとだけ淡い期待を寄せつつ4月を迎えるわけ。
というか、はっきり言えば、今年こそはという下心と興奮のあまり、
毎夜オナニーにふけり、つい寝不足になりがちだったりするくらい楽しみにしてる。
この時期になると体調崩してたり、やや目が腫れてるのを
「いや、花粉症でさ」といってごまかしてるけど、
「寝不足や、オナニーの果てに力尽きて半裸で眠ってしまって風邪ひいたりしてる」
というのが真実だ。

しかし、非童貞ども、あれだけ言っておきながら、
やっぱり新入生に片っ端から食いついてんじゃねえかよ。
「いやぁ、本当めんどくせえよな、新入生の相手(笑」とか言ってるお前。
さっきから嬉々として女にしか声かけてねえじゃねえかよ。
あと、松下(仮名)。
「年上好きなんだよね」とあれだけ公言しておきながら、
なぜ今までの彼女(25歳・OL)から新入生(18歳・巨乳)にあっさり乗り換えてるの?
肌の張りが違うってどうゆうこと?
童貞にもわかるように言えよ。
もしかして、俺のこと馬鹿にしてる?

かくして、4月のうちにびっくりするほど新入生食われてるわけ。
ゴールデンウィークが終わる頃には、処女丸出しだった新入生が、
何か化粧とかうまくなってるわけ。
胸強調したりしてるわけ。
いつの間にか、左手の薬指に指輪とかしちゃってるわけ。
で、俺また取り残されてるわけ。
何かちょっと新入生に笑われたりしてるわけ。
そんで俺、すっかり登校拒否ですよ。

まぁしかしだ、そうは言っても奴ら非童貞も人の子。
山ほどやってくる新入生を全て食い尽くせるわけではない。
それは、毎日のように非童貞が教えてくれる
赤裸々な夜の生活をオカズにオナニーにいそしんでいる俺が一番良く知っている。
そんなに抜けなかった。
せっかくのオカズをいくつか余らせた。
ティンポが少し赤くなった。

そんなわけで、目をつけていた娘はだいぶ食い散らかされてしまったものの、
まだ俺にもチャンスは残されていたのだよ。
俺の再度の新弟子検査をクリアし、候補として残ったのは約3名。
今出川タン(18・やや微乳・仮名)
笹川タン(19・泣きボクロ・仮名)
ショーコタン(18・セクシー鎖骨・実名)

もはや俺にはもたもたしている時間はなかった。
これ以上出遅れれば、せっかく残ったこの3人も、
間違いなく夏までに全滅である。
また単なる俺のズリネタとなってしまうわけだ。

中編へ続く


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。